市議会のしくみ 市議会の仕事 定例会の流れ 市議会の広報活動

 

市議会のしくみ



市議会は、市民の意思を市政に反映する代表者を市民が直接選挙によって選んだ21人の議員で構成した議決機関です。

市民・市議会相関図

 

議会には、定例会と臨時会があります。定例会は毎年3月、6月、9月、12月の年4回開かれます。臨時会は、必要に応じて開かれます。
いずれも、市行政の事務、事業などを審議します。
なお、議会の招集は市長が行い、議長は議会運営委員会の議決を経て、又は議員定数の4分の1以上の議員は、臨時会の招集を請求することができます。請求があったときは、市長は20日以内に臨時会を招集しなければなりません。


議員
議員は、4年ごとに選挙によって選ばれます。議員の定数は、市の条例で決めることになっており、本市においては21人となっています。
現在の議員は、平成27年4月26日に行われた市議会議員選挙で選ばれました。任期は平成31年4月29日までです。

議長・副議長
議長と副議長は、議員の中から選挙で選ばれます。
議長は議会を代表し、議場の秩序を保ち、会議を順序良く進めます。また、議会の事務を指揮・監督するなどの権限が与えられています。
副議長は、議長が出張や病気、その他の理由で不在の場合に議長の代わりを務めます。


市議会ホームへ