12番(荒井良和議員) 12番 荒井でございます。通告に従い質問させていただきます。日ごろから田中市長及び執行部の皆様には市政発展のためにご尽力を尽くしていただいておりますこと厚く御礼申し上げる次第でございます。
  さて、市長の目指す広域合併も、町田幸手新市長誕生により、そこで久喜、幸手、鷲宮の広域合併する問題として道路問題について質問させていただきます。土曜日、日曜日などの県道幸手・久喜線は、イトーヨーカ堂を起点としていわゆるヨーカ堂渋滞で大変混雑しております。私の住んでいる下清久からヨーカ堂を抜けて幸手方面に向かおうとすると、平日ですと昼間は約20分ぐらいで行けますけれども、土曜、日曜の場合は3倍の1時間近くかかっているのが現状でございます。また、幸手市長の町田氏は、幸手駅西口の開発を含めた道路計画を策定しているところと市長選で伺っております。鷲宮町や幸手市との合併を控え、思い切ったバイパスの構想など、今までなかなか計画のできなかった市域を越えての道路計画が可能となったと考えております。幸手市や久喜市の境、新たな道路計画について久喜市ではどのような道路計画を持っているのかお教え願いたいと思います。また、その計画の実現方法はどのような手法で計画するのか、スケジュールなども含めてお教え願いたいと思います。
  さらに、道路計画以外でも早急に解決する渋滞解消方法を検討していただければありがたいと思います。
  もう一点の道路関係でございますけれども、県道川越・栗橋線の歩道設置についてお伺いいたします。県道川越・栗橋線はご存じのように交通量も多く、大変危険な状態であります。特に中曽根地区におきましては、大木スタンドの先からは菖蒲町の境まで歩道がないわけでございます。下清久から中曽根の一部まではあるわけでございますけれども、歩行者や自転車の通行するのに大変危険な状態が続いております。道路の拡幅を含め歩道の設置計画やいつごろまでに完成するのかスケジュールをお教え願いたいと思います。
  以上でございます。よろしくお願いします。