会議録検索のご利用の仕方/発言の表示について

発言本文の表示は、検索条件・検索結果とは別のブラウザ画面に表示されます。

発言の表示は3つのフレームに分割されています。
発言が表示されるのは、右のフレームです。
上のフレームには、会議名と日程が表示されます。
左のフレームには、その日程の発言者の一覧が表示されます。

上のフレーム

参照している会議の会議名と日程が表示されます。

その下にある以下のボタンをクリックすることにより、参照する会議や日程を変更できます。
その年の前または次の会議に移動します。
その会議の前または次の日程に移動します。

移動できない場合は、これらのボタンはグリーンで表示されます。

左のフレーム


現在、表示されている日程の発言者の一覧です。

【発言本文】
右のフレームを発言単位表示と、日程単位表示で切り替えることができます。
(発言単位表示にした場合には、右のフレームを上下2発言表示にすることができます。)
日程単位表示の場合には、右のフレームは1画面表示で、全発言が表示されます。
【発言者一覧】
左のフレームを「全発言者を表示する」か、「ヒット発言者のみ表示する」か選ぶことができます。
発言者をクリックすると、発言者名にマークが付き、右側のフレームに発言内容が表示されます。
発言者の右側の数字は、その発言に含まれている検索のキーワードの数です。
検索された発言の発言者は赤い文字で表示されます。
発言者の左側にあるチェックボックスをチェック(複数の発言をチェックできます)し、左上のをクリックすると、チェックした発言が別ウィンドウで表示されます。

なお、をクリックすると、すべての発言にチェックがつきます。
をクリックすると、すべての発言のチェックがクリアされます。

右のフレーム


発言を表示するフレームです。
検索を行った場合、発言内のヒットしたキーワードに、わかりやすいように色がついて表示されます。
また、上下2つのフレームに分かれ、それぞれに発言が表示されています。
閲覧の場合は分かれずに、会議録が表示されます。
それぞれのフレームには上に見出しが付いています。
見出しには、発言者のほかに会議録のページ、他のヒットした発言やキーワードに移動するためのボタンがあります。

(移動ボタンについて)

一つ前または後ろの発言に移動します。
一つ前または後ろのヒットした発言に移動します。
一つ前または後ろの質問(◆)に移動します。
一つ前または後ろの答弁(◎)に移動します。
発言の内容を印刷するときに使用します。
発言の内容をダウンロードすることができます。

移動できない場合は、これらのボタンはグレーで表示されます。


戻る