会議録検索システムは様々な角度からお求めの会議録を探し当てる事ができます。 検索方法には 検索語の指定発言者の選択、 による方法があり、これら条件の全てにあてはまる会議録を探し当てます。


どのように検索するの?

検索語を入力する

1つのテキストボックスに対して1つずつ、全部で4つのキーワードの指定が可能です。 完全一致検索を選択すると指定したキーワードと完全に一致した用語を含む会議録を検索します。 同義語検索を選択すると指定したキーワードとそれらの同義語のいずれかを含む会議録を検索します。 ここで、1つ以上、キーワードを指定するか、発言者の項目を一つ指定する必要があります。
発言者を選択する

議長の議長名、または質問者の議員名、または答弁者の役職名を指定してください。 議長または質問者あるいは答弁者の発言のある会議録を検索します。 質問者を指定して検索した場合は、質問者に対する答弁の発言も検索します。 答弁者を指定して検索した場合は、答弁者に対する質問の発言も検索します。 ここで、発言者の項目を一つ指定するか、1つ以上、キーワードを指定する必要があります。


ボタンを押したらどうなるの?

ボタン
すべての検索条件が入力されたら検索ボタンを押下します。検索した結果をを下部に表示します。
ボタン
入力した条件が全て消去されます。
ボタン
指定したキーワードの同義語を表示します。同義語検索を指定した場合は同義語も、文書中に存在すれば、ヒットして、色づけ表示されます。

検索結果の見方は?
会議名一覧を参照する
検索直後は最新年のヒットした会議名の一覧が表示されます。 会議名に付くボタンをクリックするとその会議中にヒットした発言の一覧とその発言の一部が表示されます。年をクリックすると、その年内のヒットした会議の一覧が表示されます。会議名をクリックすると、その会議で一番最初にヒットした発言内容が表示されます。 発言者をクリックするとその発言内容が表示されます。


ブラウザのバージョンによる相違点
DiscussNetPremium Ver1.3